気持ちの労度Balancer☆
2児のパパで、技術上がりの法務・知財屋が、仕事・家庭/子育て・自己啓発のバランスに頭悩ませるブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的財産法・科目試験考察(7月5日分)
2008年7月科目試験問題と、白門8月号が届きました。
知的財産法の試験採点講評が載っていましたので、
私なりに分析してみることにします。

まずは7月5日分から
特許制度の存在意義の問題と捉えれば、発明の「保護」と「利用」
からはいっていくのがよさそうです。鍵概念はこの2つに決定。

技術の累積的進歩と通じた産業の発達に寄与するために
所定の特許要件を備えた発明を開示したものに対して
独占権を付与して発明欲を向上させる。
また、公開された発明の文献的利用や実施としての利用を
認める・・・といった感じでしょうか?

保護については29条、29条の2の特許要件を説明し
特許を受ける権利(29条1項書き)、補償金請求権(65条)、
効力と範囲(68条・70条)、差し止め(100条)、
利用については、出願公開(64条)、実施可能の要件(36条4項1号)、
サポート要件(同条6項1号)、特許権の及ばない範囲(69条)
実施許諾制度(77条、78条)ぐらいかな~

1時間で書くにはさらっとですな。
これでいいなら、メジャーな1行問題なのですが、
白門の講評とはちょっと違うな。
鍵概念が「公開報償」と「特許要件」ですか・・・・
うーむ。
スポンサーサイト

テーマ:大学通信教育 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://xai74.blog87.fc2.com/tb.php/6-4db58ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム



プロフィール

XAI74

Author:XAI74
技術屋として数年働いた後、何を思ったか知財関係へ転職。弁理士試験の合格をきっかけに法律の道を歩む。
そして中央大学法学部 通信教育過程を2年で卒業。
しばらく育児に専念をしていたが、上の子が小学校に入学するのを景気にOnline LLM講座(FCSL)の受講を開始予定。

人生のプライオリティをつけながら、次の一手を打つ



カテゴリ



最新コメント



にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。